メニュー
音楽×本1,183組
  • ハナミズキのイントロを聴くだけで蟬しぐれの世界の情景が広がりますねー懐かしい。
  • シリーズの大きな山、それぞれの決断
  • おお、炸裂よ!塵と灰に! 炸裂よ! ...
  • 道化師だって人間だ。
    人は、自分の本心とは違うことをしているうちに少しずつ心が麻痺していくのだと思います。ただの最低な男の半生記として読むのではなく、自分の中の葉蔵をいつも探してしまいます。
  • 椎名林檎の音楽のレトロさとハイカラさ。
    どことなく日本の古いイメージを残しつつ、洋風も入ってくるバック音楽は、混沌とした明治の世を思い浮かべさせてくれます。
    妖艶な歌詞もナオミの心情のように思えます。
  • そのままの意として。劇薬の幻想
  • 「冷戦なんかなくたって僕ら必ず月へ行こう」
    町工場からでも奇跡は起こる。そんな物語の僕の主題歌はこの曲です。
  • 『スカイ・クロラ』シリーズのどれにも合うと思い、しかしそれ故にならば短篇集か、と。
  • 『こゝろ』は学生時代「読まされた」からのっぺりとつまらない印象が残っている人も多い。けれど、淡々とした文章の中でこの曲のように「付き纏う不安と焦燥」や「人の汚い感情」を表現した実は激しい物語だと私は思っています。
  • FoZZtoneの中で合う曲を考えたらこの曲になりました。次回読み直すときは聴きつつ読んでみようかと思います。
  • この本を読んでこの曲を聴いたら走りたくなりますよ!
  • FoZZtoneボーカル渡會さん曰く、「眠れないときに羊を数える際、入眠直前に見える最後の一頭の黒い羊」のことを「Black Sheep Dog」と呼ぶらしいです。
    ※フィクションです
  • 本書のテーマの1つが「半身を探す旅」であるならば、この曲などはいかがでしょうか?