メニュー
本の主題歌853曲
  • 日本の伝統音楽とオーケストラのコラボレーション!京都と伝統文化の小説によく合います♪
  • 公式映画テーマソング。
    最初にこの曲が某動画サイトで公開された時、思った以上にロックな曲で、刀剣乱舞の曲にしてはなんだか珍しい攻撃的なテイストだと思った。
    しかし、実際にストーリーに触れた今、この曲以上にこの映画に見合う曲を私は見つけられなかった。
    これは、『映画刀剣乱舞』の世界の本丸だからこそ、見合う楽曲。
    公式ゲームに存在している『近侍曲』という存在を真似して言うならば、『本丸曲』ともいうべきソングだ。

    (※近侍曲:『近侍曲』と呼ばれる刀事の近侍専用ソング。近侍とは、傍に仕え、世話などをする役目の事を良い、刀剣乱舞公式ゲームでは、第一部隊長に据えた刀がその役目を担う。その時にホーム画面内で流すことが出来るBGMが『近侍曲』である(尚、近侍曲はある特定の条件を満たさないと流せない))
  • 「下流のほうも、悪くなかったと俺は思う」
  • 「なんてことはない、当たり前のことをしているだけだ」と叱られそうだけど、頑張っている彼女の姿を見ていたら、応援せずにはいられない。

    POPを書いて、本をむさぼり読んで、在庫管理を行い、料理をする。

    等身大で、背伸びもなしに、気楽にふらっと立ち寄れる。

    顔なじみの本屋のようなエッセイに、最大限の気持ちをこめて、元気いっぱいの応援歌を。
  • 梨木先生は『オズの魔法使い』から着想を得て『西の魔女が死んだ』を書かれたそうなので、主人公と同じ年頃のグレース・ヴァンダーウォールが歌う虹の彼方にを選びました。
    ハスキーボイスとウクレレの軽快なリズムが明るい気持ちになる。
  • 歌詞がまるで主人公貴子のようだからです!
  • これからの時代は、すでに答えのある問い「ジグソーパズル型思考」に用はなくて、自分だけの正解を見つける「レゴ型思考」が必要です。

    筆者のメッセージと、歌詞がリンクしているように感じました。
  • 神谷と徳永の生きざまが、クリープハイプのサクセスストーリーとリンクしていると感じたので選びました!
  • この曲は村上春樹のラジオで知りました。
    バイオリンの「鈴木メソッドトナリゼーション」という練習方法について語る歌詞。ほとばしるセンスの上に成り立つなんとも理解し難い1曲。
    もしあほんだらの神谷さんがアーティストだったら、このぐらい訳の分からない曲を「だってこんなんオモロイやん!」なんて嘯いて、このぐらいカッコよく作ってしまうのではないかと思います。
  • 10年間ひたすら夢を追い続けた徳永。夢は叶わなかったが、10年間いままでずっと苦しいながらも夢を追い続けてこれたのは、自分の信念だけではなく、周りの人達の力が大きかったことを知る徳永。そんな彼のみなへの感謝を歌った曲として今回選曲した。
    "振り返ればすべてがありがたい"