メニュー
本の主題歌853曲
  • 「ゲームオーバー=死」のデスゲームに囚われ、仲間を喪い傷だらけになりながらも、ゲームクリアを目指して立ち止まらず戦い続ける主人公・キリトにこの曲が重なります。
    ストレイテナーのDr.ナカヤマシンペイ氏がSAOのファンを公言しているという点もポイント。
  • どちらも哲学的なストーリーラインに通じるものがあり、曲はエンディングにぴったり。
    最終話のエピソードが、そのまま曲の冒頭「ぼくはきみの翻訳機になって 世界を飛び回ってみたい」という歌詞にリンクします。
  • 2/28
    まさに前田さんの人生は波乱万丈の人生であるが、この曲のように熱い思いを持ち、それを増幅させることで今を生き抜いているのではないだろうか?
  • その名の通り、僕はよる、化け物になる。
    人間じゃない、何かに。

    ということで、人間辞職を選びました。

    人間の僕も、化け物の俺も、どちらも同じ奴なんだ。

    最終的に人間を辞職しませんが。
  • まっすぐ、意志を持って困難に立ち向かう登場人物たちに合う曲調と歌詞だと思いました!
  • 砂漠での王子さまと花(バラ)とのエピソードが素敵で印象的でした!曲の「砂漠の花の思い出が今も僕の背中をなでる 生きていく力をくれたよ」という歌詞が王子さまと出会った飛行士の心情を表していると思いました。
  • こんなにも感覚的に無意識にフッと笑ってしまう本は初めて出会いました!ほっこりするストーリーがかなりお気に入りです。選曲理由は雰囲気でなんとなくなのですが、「君と出会った奇跡」「ずっとそばで笑っていてほしい」という歌詞がマッチしているのかな…と笑
  • 光は、深い闇から生まれる。
    それゆえに、優れた作家は、時に底なしの闇を抱えている。

    高圧的で異形の男が生み出した繊細な細工たちは、
    彼の心までも自由に動かすことはできなかった。

    異形に生まれたことが、彼の不幸であったのではない。
    異形でも愛嬌があれば、運命は好転していたことだろう。
    「誰も愛することができなかった」という事実こそが、
    彼にとっての最大の不幸だったのだ。

    作品として偶像化された踊り子は、人知れぬところで涙を流す。
    それは枯れ果てた硝子越しの地面を伝って、色のない世界に光を与えることだろう。
  • 林太郎の背中を押す言葉の数々、RPGという冒険感がまさにこれ!という感じです。「きらめくような人生の中で君に会えて僕は本当に良かった」という歌詞、君を本に変えれば林太郎の気持ちそのものではないでしょうか?読みながら私たちも同じように思うことがあるのでは?
  • 光を求める小説の世界と曲の世界が合っていて選びました。曲調もまるで小説の背景になっているような深みがあって私の中での主題歌でした。