メニュー
本の主題歌853曲
  • 一本気なんだけど軽くてつい笑ってしまうような歌詞とテンポのいい曲調が「なんとなくそれらしいものにたどり着けそうな気がする」という本の終わりのすがすがしさと合っていて選びました。
  • 著者自身の曲、まさにこの本で伝えていることを表現した歌だと思って選曲した。
    "今俺はかっこええ自分でいれてるか
    今俺は昨日より進んでるか
    今俺は走ってるか 生きてると言えるか"
  • この本のタイトルにもなっている曲であるが、聞いていると、なぜだか悲しい気持ちになってしまう曲調が、この本の持つ雰囲気とぴったりだと思う。
  • この本は2012年、2011震災後に発売されました。
    ナミヤ雑貨店はあらゆる人の悩みにまっすぐに寄り添って一歩踏み出す勇気をくれます。個人的な解釈で東野圭吾はこの本を震災応援本として書いたのではないかと思いました。ただ慰めるのではなく一緒に戦う、戦おう、そんなメッセージを感じました。だから僕は『白昼夢』を選曲しました。この曲も震災応援ソングとしてUVERが作った曲です。
    "悲しい過去を忘れさす歌じゃなく
    悲しみに立ち向かえる歌を 夜空の月は満ち欠け星も見えない
    そんな闇の中でも君とともにある歌を"
  • 王子さまに対する、主人公の最後の夜の思いを自分なりに解釈した結果、UVERworldの『world LOST world』を選びました。主人公は最後の最後、ずーーっと黙ってしまっていたので何か伝え忘れた本当に伝えたかったことがあったんじゃないかなと。
    "これが最後の言葉になるだろう そう思えばもっと言葉を大切にできた 何をどうしたって こんな日がいつか訪れたのに"
  • 2/22
    小説後半の雰囲気とこの曲のテンションや偽物が手を繋いで全てを映しているって、という歌詞が真実でないはずのことが現実になっていく物語と合うと思いました。
  • 『僕たちはきっと矛盾だらけの生命体』
    この曲で歌われるこの歌詞が、私がこの歌の中で一番好きな部分で、今回この本と組み合わせるに選曲した理由です。

    主人公の夕士は、舞台となる妖怪アパートの中で、たくさんの目からウロコな非日常と出会った事で、自分の中のこれまでの価値観が壊され、新しい価値観に成長を遂げていきます。
    その結果、以前の自分とは違う考えを持つ自分が生まれる事もある。逆に今持つ自分の考えを改めて強く意識する事もある。
    全く真逆で、矛盾し合ってる結果同士ですが、この両方はどちらも確かに『成長』の形なのです。
    そんな矛盾という素敵な言葉と立ち並んで成長していく夕士という、一人の人間(生命体)の姿にイメージを被せ、この曲を選曲しました。
  • 人を笑わすことを追求した芸人の生きざまを、芸人だからこそ書けるリアルで面白く描かれていてとても良かったです。人を笑わすのって簡単に思えて意外に難しい、ただ人の笑顔を作る芸人という仕事は凄くカッコいいなと思いました!
  • 2/18
    米国の有名なシンガーであるPinkの曲である。
    女性目線で書かれた淡い恋心が本来のテーマであるが、主人公の青年が濃いと自分が持つ特殊能力とのはざまで揺れ動く繊細な心の動きが歌詞にピッタリである。
  • へびだったときも貝だったときも豚だったときも、伴侶を深く愛してきた女性。彼女は今、人間の女性となって愛する恋人に寄り添っている。女性の可愛らしさは遥か昔の恋に繋がっていると思わせてくれる一編、「いつか、ずっと昔」おすすめです。「I will follow you あなたに ついてゆきたい」