メニュー
主題歌56曲
  • 青空の下で強く生きる主人公と合うと思います。
     0   0
  • 今度はきっと、私があなたを
    息のできるところへ、連れていく
     5   0
  • 良くも悪くも「子供」の部分を忘れていない辻村さんは、歌詞のとおり、“「ときめく」だけで いつでも子供になれる”人だと感じました。
     12   0
  • 現実の呪縛から逃避する。
    それはいけないことなのだろうか。
    苦しかったら逃げればいい。
    悲しかったら泣けばいい。
    当たり前を当たり前にできないのは間違っている。
    虚構の世界が現実と繋がっているのならば、現実もまた、虚構の世界を生み出す鍵となりうる。
    私は苦しかったら逃げてほしいと叫ぶ。
    生きるために逃げることは悪いことではないのだと、声を大きくして言いたいから。
     6   0
  • ラスト3章で騙された。
    雪の降る日に突如8人の生徒が校舎に閉じ込められ、みんなの記憶から抜け落ちている「あの日に自殺した生徒」を思い出すサスペンス。
    まさか自殺したのはあの人だなんて。
    まさかあの人のエピソードがそういうことだったのなんて。
    高校生一人一人の繊細な心理描写と精巧かつ大胆な騙し絵のように組み立てられたストーリー。
    辻村深月の才能はこの小説においてすでに十二分に発揮されていた。
    選曲はヨルシカの『ヒッチコック』。文化祭のポスター。ヒッチコックのようなサスペンス。
    「先生、人生相談です」
    「このまま生きてもいいんですか」
     11   0
  • BGMeetingの選曲です。
     2   0
  • BGMeetingの選曲です。
     3   0
  • BGMeetingの選曲です。
     0   0
  • BGMeetingの選曲です。
     1   0
  • BGMeetingの選曲です。
     0   0