メニュー
主題歌668曲
     4   0
  • 作品の中に出てくるキーワードから連想。
    オペラ歌手バージョンではなく、マイケル・ブーブレで。
     7   0
  • 男女関係の終わりが近づいている曲
    とても切ない曲です。

    大和と柊子がそれぞれ感じている未練
    そしてこの物語の展開に合う曲だと思います。
     7   0
  • 人は大人になってはじめて、本心を知る。確かに辛いこともあるかもしれない。嫌な部分も見えてしまうこともある。人の優しさを知ることもあるかもしれない。
    かつて少年だったアルが、一番の大切な存在を忘れていなかったように。残酷で、美しいこの世界を愛せるように、この本を読んだすべての人の心の中に奇跡が起こればいい。
     11   0
  • 白く冷たく降り積もる雪原。何処か切なさやあたたかさ、そして哀しみの散りばめられたイメージで選曲しました。
     7   0
  • いつだって失いたくない記憶を、人は持っている。それがたわいもない夢なのだとしても、人は、小さな小瓶に詰められた砂糖菓子や、シロップ入りのカモミールティーの中に、思い出を探すのだろう。かつて子供だった今の大人たちが、無事に夢を叶えて、子供たちにも起こった出来事を話す、そんな連鎖がこの先起きてくれればいい。

    内容を改変しました。
     7   0
     6   0
  • この曲が一番クリスマス気分を味わえまっす!!アリアナの可愛らしい歌声に癒されながらリラックスして読むのは至福でした( ^∀^)
     6   0
  • 今年紅白にも出場することも決定し、活躍の場を益々広げているSuchmos。
    彼らは自分たちのやりたいように、自分たちが見ている世界を変えていく。
    彼らのように自分の表現を具現化できたら、めちゃくちゃかっこいいだろうな。

    〈簡単そうに見えるかい?そう簡単じゃないんだぜ〉
    バンドも、何かを表現することも同じだ。簡単そうに見えて、全くそうじゃない。

    〈のるか おりるか 君が選べよ〉
    選択肢が多くなったこの時代では、自分で決めていくことが想像以上に大切なのかもしれない。
     6   0
  • 少女は消えた。
    足跡も残さず、彼方の方へ走っていった。
    彼女が雨になって溶け込んだのは、日常という名の海なのだ。行き先はきっと、彼女しか知らない。

    「おやすみなさい。私は、王子さまのいないシンデレラ姫。
    あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか? もう、ふたたびお目にかかりません。」
     9   0