メニュー
主題歌668曲
  • 人になりすまし、人を嘲笑う愚かな生き物。
    しかし、誰にだってこの魑魅魍魎になりうるのだ。
    自分に嘘をつき続け、人にも嘘を貫き通した時、人は人ではなくなるのだろう。


    また、同じ夢を見ていたの元ネタは10-FEETの蜃気楼、そしてこの本の元ネタはこの曲であることをここに添えたい。
     7   0
     6   0
  • 自分の大切な人を守るためには、自由を得るにはどれだけ周りに叩かれようと
    自分が強くなるしかない。一度きりの人生、やりたいことをやってワクワクするような毎日を過ごしたいよね、という本書のメッセージにぴったりだったのでこの曲を選びました!!
    "叶えたいことと叶わなそうなことが重なって見えるけど
    人生が二度あるならこんな険しい道は選ばないだろ
    でもこの一回たった一回しかチャンスがないのなら
    何もかも諦めて行くつもりはない
    後ろに明日はない 力を宿せ WAR"
     3   0
  • 120%エネルギッシュな応援ソング。
    親友を人質としてしまったことさえ帳消しにして、走り続けるメロスを全力で肯定してくれます。
     7   0
     6   1
     3   0
  • 最初から最後まで
    私の頭の中ではこの曲が
    鳴り響いてました
     10   0
  • 〈君の前では飼い犬みたいで〉はまさにだめな男、大輔を彷彿とさせる。
    振り向いてほしくて、甘えてしまう。
    男としてはあまりにも情けないけど、それしかもう武器がないんだから仕方ない。
    本当はもっと優しい形で好きだと伝えたいんだけど、なんで上手くいえないんだろう。
    「終わってから分かっても遅いのに。」って分かっているのにな。
     3   0
  • 親友のセリヌンティウスが処刑されないために、必死に走るメロス
    山賊に襲われかけ、体力の限界の中
    大切な友を失わないために走り続けた諦めないメロスの姿を描いてるように感じます
     12   0
     6   0