メニュー
音楽×本3組
  • なんてことのない作業が
    回り回り回り回って
    今僕の目の前の人の笑い顔をつくってゆく♪

    「自分は、『個人』である前に、社会の一員だ。だから社会に自分の力を使わなければ」
    という主張にぴったり。

    個をおさえて、誰かの笑顔をつくる、
    地味で些細な生き甲斐...

    自我ムンムンの対極にある自己啓発本につけたかった笑
  • どうせだめならやってみよう♪
    数えきれぬ絶望を味わった夢を追う旅人♪

    トライアンドエラーを繰り返すゲリラ軍に重なった。
    正規軍に奮闘するゲリラ軍のようだ(?)
    「旅人」を「ゲリラ軍」に入れ換えたら案外マッチするかも?
    というほど、ポップな曲調にあう、とても面白い良い本。

    この人生をまっとうせよ♪
    誰のものでもないと図に乗って♪
    と、勝利の凱旋でとことんドヤ顔するゲリラ軍のイメージ。
  • 誰かのために小さな火をくべるよな
    愛する喜びに満ち溢れた歌♪

    一人で好き勝手やっているのと、
    「二人で」うまくやっていく「よろこび」。

    あえて、結婚のメリットが書かれながらも、本質は「ふたりでうまくやっていこうよ」という逃げ恥にも通じる本。

    後悔の歌
    甘えていた鏡の中の男に今復讐を誓う♪

    具体的なメリットを提示されることで、
    お金がない、仕事に集中したい、などは、言い訳なんだなぁと感じた。

    「目の前の縁を大事にしろ」が一番大切な気がする