メニュー
音楽×本5組
  • 刹那的な恋の幻想に、溺れてしまった人々の物語。彼らが抱き締めようとしたのは、「影」だった。
  • 「まだ、まだ足りない」と焦る、さとくんの荒い息遣いが聴こえてきそうである。革命を志す彼は、いかにして「生き急ぐ」から「切り刻む」に至ったのか。このラップは、難解な小説を読みとくヒントになりうる。
  • そ、そのまんまではないか...と思われるのは覚悟の上。こんなピッタリな組み合わせを見つけたら黙っていられない(笑)。

    思うのは、いかに私達が「人間」の定義を狭く、狭ーくしてきたかということ。自虐的な矮小化が、人間から豊かさを奪っている?
  • その名の通り、僕はよる、化け物になる。
    人間じゃない、何かに。

    ということで、人間辞職を選びました。

    人間の僕も、化け物の俺も、どちらも同じ奴なんだ。

    最終的に人間を辞職しませんが。
  • 「正義の味方」のテーマ曲だと思います。