メニュー
音楽×本2組
  • 彼は心に傷を負った。
    人を信じきれなかった。

    彼は天才だ。
    面白い話を聞かせて、
    滑稽な役を演じて、
    人を元気づける。

    でも、それは
    ほんとうの彼じゃない。

    臆病で、強がりで、
    嘘ばかりついて。

    だれよりも傷つきやすい、
    繊細な人。
    それこそがおどけてばかりいる、彼の本心だ。

    親しい人にさえも、
    心に鍵をかけて閉ざした。

    独りぼっちになるのが、
    こわいから。

    ほんとうはみんなと一緒にいたいけど、
    傷をつけてしまうのが嫌だから。

    だから、君が生み出した生き物たちは、
    こんなにも躍動感があって、愛しいんだ。

    ----------------------------------

    ※この曲を生み出した小説に、
    感謝の気持ちを込めて。