メニュー
本×音楽1組
  • 気怠い曲調。ツインボーカルの低音の男性パートが檸檬の主人公なら、YUKIの愛嬌が弾ける高音パートは檸檬そのものだと思う。
    檸檬とサイダー。どうしようもない倦怠にスパークをもたらす2つのモチーフの描き方に近いものを感じました。
    古典文学に現代の曲をつけると、また違った側面が顔を出すのが面白い。