メニュー
音楽×本2組
  • 読んだときにこの包まれた感じはなんだろう、という疑問から探してみつけたのがビョークでした。不思議な世界へようこそ。
  • 独特な読者を飲み込むような雰囲気を持っている『居た場所』とこの曲の圧倒的な雰囲気が合っていると思い選びました。
    歌詞についても、「小翠」を存在を追いかける「私」の姿に重なります。
    どちらも気持ちをどこか現実とは違う世界に運んでいくような力で揺さぶってくれます。