メニュー
音楽×本3組
  • この曲のPVで、よだかの星の文章が使われていたからです。
    歌詞も作品の雰囲気にピッタリなので、是非聞いて頂ければ。
  • 優さんが同人誌でこの漫画を出していた時からこの作品のファンでした。
    優さんの描く優しい水彩の世界と
    ヨルシカの透明感が個人的にマッチするなと思って選曲しました。
  • ラスト3章で騙された。
    雪の降る日に突如8人の生徒が校舎に閉じ込められ、みんなの記憶から抜け落ちている「あの日に自殺した生徒」を思い出すサスペンス。
    まさか自殺したのはあの人だなんて。
    まさかあの人のエピソードがそういうことだったのなんて。
    高校生一人一人の繊細な心理描写と精巧かつ大胆な騙し絵のように組み立てられたストーリー。
    辻村深月の才能はこの小説においてすでに十二分に発揮されていた。
    選曲はヨルシカの『ヒッチコック』。文化祭のポスター。ヒッチコックのようなサスペンス。
    「先生、人生相談です」
    「このまま生きてもいいんですか」