メニュー
本の主題歌1曲
  • どちらにも夜、花というキーワードがピッタリハマった。
    〈僕の目 ひとつあげましょう だからあなたの目をください
    まだ見たことのない花 新しい季節を探してた〉

    目は芽とも言い換えられる。可能性に満ち溢れている芽。それを子どもとして、代わりに目を差し出す。見張る、見つめる、見直すなど、子育ては目を使う機会が多くある。目から芽を育てる。そんな感覚でピッタリだと感じた。
    新しい季節は良い言葉だなと思う。章の終わりには明るい気持ちになった。もがきながら、悩みながら、新しい季節を見つけたときの彼らの幸せを願ってやまない。