メニュー
本の主題歌6曲
  • 「本には奇跡を起こす力がある」。その言葉を彼は信じた。
    くすみ書房を支援する輪は、いつしか全国に広がっていった。

    「神様ほんの少しだけ 絵に描いた幸せを」。

    気を抜くと忘れてしまいそうなぐらいにささやかだ。ささやかだけど、大切な輪。彼には同じぐらい思い入れが強くて、優しい歌が似合う。

    「さあここにおいでよ 何もないけれど
    どこにでも行けるよ 少し身悶えるくらい」

    当たり前の日常のなかに人知れず咲く花を、人は奇跡と呼ぶのかもしれない。
  • 2/1
    医療ドラマ『DOCTORS3 〜最強の名医〜』の主題歌。「奇跡は起こるものじゃない 起こすものなんだ」という、全ての人への応援が込められた歌詞がこの本にぴったり!
  • この曲が一番クリスマス気分を味わえまっす!!アリアナの可愛らしい歌声に癒されながらリラックスして読むのは至福でした( ^∀^)
  • (;ω;)
  • 僕の中で君を思うことが明日の生きる力に変わってく
    もし向き合えたなら同じ歩幅で信じ合える道を歩いて行こう
    こんなにも君を思うだけで苦しくて愛しさ募る気持ち
    会いたくて君の好きなうたを繰り返し口ずさんだ帰り道
  • これは 絶対ガラスの仮面!と思って調べたのですが、思うようなOP EDがなくて、、、。奇跡の人は 北島マヤもやった有名な作品ですし。この歌は、稀有の才能を持つ彼女を本格的な演劇の世界へ送り出す 学生劇団のメンバーの気持ちを表しているように思います。彼女こそ 奇跡の人であり、そこへの道が拓けたのも 奇跡とも言えるように感じます。