メニュー
音楽×本6組
  • もしも2人の結末がもう少しでもハッピーエンドだったらこの曲のように昔を懐かしんで幸せを感じられたのではないかと思ってしまいます…もしもだから、正確にこの曲に合ってるとは言えないけどそんな妄想をしてしまいました。
  • どんな音楽をつけても、この小説の圧倒的な迫力と渡り合うことも、ましてやカウンターにもならないかもしれない。
    それでも、ぶつけてみたい答えがこの曲。
  • 「普通に、幸せになりたい」という人は多い。抽象的とは思うけれど、せめてその言葉を、明るく口にできているのならまだいい。しかし、大抵の人は目に光が感じられない。

    「普通」と「幸せ」の自分軸も分からないまま、他人を羨み、恨みすぎてはいないだろうか。
  • どんなに辛くたって、希望はいつか必ず見つかるから、前に進んでゆこうと、励まされるこの曲は、この作品と歌詞がとても合っていると思います!
  • 「傷つくために生まれてきたんじゃない」
    「大丈夫、きっとすべてはうまくいく」
    この曲はすべての人の心を救うと思います。
  • 鏡のミステリアスな世界に入り込んでいくとこに合うかなと思い選曲しました!

    ササクレパンダ