メニュー
音楽×本23組
  • その翼は汚れていて、他人が触れるのを怖がるかもしれない。皆が気軽に口ずさむ歌のように、華麗に広がることはないだろう。ならば、どうするか。
  • 「やらなきゃやられる世界」…正義も悪もなく、ただ力のある者が支配を勝ち取る展開に震えるほどのショックを受けた。捕食される運命に、必死に抗う人々の姿もまた、別の意味での衝撃を与えてくれるけれど。
  • 未来と過去の境界線であり、一瞬で過ぎ去る危うい時期のことを、青春と呼ぶ。

    朝の8時から夜の8時まで歩くというハードすぎる行事の最中、子どもたちはそれぞれの複雑な事情を抱えながら、果てしない道を歩いてゆく。

    時には嘆くこともあるだろう。
    時には泣き出したくなること、耳を塞ぎたくなることもあるだろう。

    そのような「ノイズ」にこそ、生きるための知恵が潜んでいると主人公の友人、忍は言う。

    来る時期に出会っておけばよかった「ナルニア国ものがたり」のように、この物語もまた、誰かの運命を変える手助けになるに違いない。
  • ピアノのコンテストを舞台にした、最初から最後まで美しい物語。
    ピアノの物語はピアノの曲と共に…
  • 色んな意味でバラバラになった家族が、異国の地で絶望的な状況に追い込まれる。そこで彼らが問われるのは「信じるか、信じないか」。まさに、この曲の雰囲気に合致しているのではないかと感じた。最後は前向きに終わる部分もピッタリ。
  • 本を読み終わったあとの爽快さと明るい曲調が合っていると思いました。本にも曲にも青春さが溢れています!
  • 新宿の地下迷路に迷い込んだら。あるいは、渋谷のスクランブルで目眩がしたら・・・この組み合わせで心を落ち着かせましょう(←逆効果w)
  • ひとつ屋根の下でお互いの秘密を告白し合う日々で、友情を育み、やがて迎える”前向きな”別れ。「さよならは悲しい言葉じゃない」…という歌詞は、この小説のラストシーンのためにあるように思えます。
  • ピクニックが終わる時に流れてほしい、エンディングにピッタシだなと思い選曲しました。
  • 「足音」と、タイトルからして「歩行祭」にぴったりかなと。

    「舗装された道を~」
    貴子が、歩行祭で賭けを決意する描写とかぶる。

    「疲れて歩けないんなら~」
    個人的にはこの物語のキモってシーンと重なった。

    一歩一歩ふみしめて、
    ひとりじゃないよ、まわりにも一緒に歩んでくれるひとがいるよーという優しい感じで。
  • 歌詞がまるで主人公貴子のようだからです!
  • 10/13
  • 10/13
  • これは 絶対ガラスの仮面!と思って調べたのですが、思うようなOP EDがなくて、、、。奇跡の人は 北島マヤもやった有名な作品ですし。この歌は、稀有の才能を持つ彼女を本格的な演劇の世界へ送り出す 学生劇団のメンバーの気持ちを表しているように思います。彼女こそ 奇跡の人であり、そこへの道が拓けたのも 奇跡とも言えるように感じます。
  • 多分この曲からタイトルとったんじゃないかなぁー。