メニュー
音楽×本2組
  • 「夢見てるから儚くて 探すから見つからなくて」
    突然、放り込まれた階段島。
    そこにいる人々は島に来るまでの記憶がなくて、「なくしたものを探さないと出られない」という島。
    悲観主義の主人公や舞台と重なる。

    ネタバレになるけれど、サビとラストがしっくり!
  • 僕たちには夢も現実もない。あるのはそれぞれの「体験」だけだ。だから僕たちの会話は噛み合わない。僕たちは永遠にひとつにはなれない。「でも、それこそ素晴らしいんだ」と思えるには、まだちょっと時間が必要か。