メニュー
本×音楽2組
  • 幼馴染みそれぞれの"初恋"の想いが交錯する中で、幸乃が歩んだ半生と覚悟とは?
    彼女の強さ儚さ繊細さと歪な感情がひしひしと伝わってきては
    涙が溢れた作品。
    幸乃を心から必要とする人は確かに居たんだ!
  • 10/11
    生と死を歌ったこの曲は、死刑宣告を受けることから始まる本著にピッタリです。