メニュー
音楽×本3組
  • ♪何故に、かけがえのないものばかり積もっていくのか?
  • 言(こと)ノ葉(は)は 月のしずくの恋文(しらべ)
    哀しみは 泡沫(うたかた)の夢幻
    匂艶(にじいろ)は 愛をささやく吐息
    戦 災う声は 蝉時雨の風
    時間の果てで 冷めゆく愛の温度(ぬくもり)
    過ぎし儚き 思い出を照らしてゆく
    「逢いたい…」と思う気持ちは
    そっと 今、願いになる
    哀しみを月のしずくが 今日もまた濡らしてゆく

    歌詞がそのままこの本の内容をあらわしているようで、曲を聴きながら泣いてしまいました。
  • 12/5
    楽しさと寂しさは隣り合わせなんだと思います。