メニュー
音楽×本1組
  • ずいぶん悪趣味な神様の暇潰しですよね。ナボコフのどぎつい作品群の中でも柔らかさを感じる一冊ですので、曲も聴きやすい邦楽にしてみました。歌詞も、ルージン夫人のような、ルージン自身のような、ゆらゆらと入れ替わる感じになっていてよいです。