メニュー
本の主題歌6曲
  • 【本の感想】
    自分のありのままを受け入れ生きていく。
    人の美しさとはなんなのか、
    優しくも好奇心あふれる言葉で教えてくれる。
    そんな本です。

    【選曲理由】
    「何度でも花が咲くように私を生きよう」
    福山さんの優しくも芯のある言葉が、
    この本にぴったりだと感じました。
  • 11/5
    良くも悪くも「子供」の部分を忘れていない辻村さんは、歌詞のとおり、“「ときめく」だけで いつでも子供になれる”人だと感じました。
  • 本全体ではなくほんの一部での選曲になりますが、
    最終章「閉城」でオオカミさまとある人物のやり取りを読み、本来ラブソングではあるがお互いの遣る瀬無い気持ちがぴったりだと感じ選曲致しました。

    ネタバレになるため人名は伏せてます。
  • 9/14
  • 9/14