メニュー
本の主題歌3曲
  • この世で最も悲しいのは、自分のことを認めてもらえないことだ。

    やってもやっても空回り。

    こんなに人を笑わせることは難しかったのか。

    滑稽さと悲しさが入り混じって、泣いているのか笑ってるのかもう、分からない。

    だから、どうかこの世界を愛することを忘れないでいてくれ。

    どんなに悲しくても、明日は来るのだから。
  • 「光れ、君の歌」だし、MVがなんとなくごっちとりばちゃんぽくて好きです。
  • そのままでいい、なんか他人とは思えない感じ。好きな人の話とかゲームとかしてる時間もいいんだよ、今度またどこかで会えるんだ って未来に繋がってる。