メニュー
音楽×本7組
  • 人間が将棋の駒にされて、バトル7回戦…の小説。
    「出口を探しているんですか~僕はなぜ血を流してるの?」と、突然戦いに、異次元の世界に放り込まれたこわさ。

    「AとBにXYZも交差するよ この絡まった三次元が現実」
    平面だけでなく、四方八方から敵が攻めてくる様子と重なった

    「そんな理想と違う~」は主人公が恋人と喧嘩したシーンとシンクロし。
    「ずっと探してるよ 君を愛してるよ」と主人公の恋人への気持ち、そして歌のラスト
    「そこで何してるの僕は何故涙流してるの」が、
    小説のラストの切なさとぴったり。

    タイトルも含め、この歌は残酷なまでにしっくりくるかと
  • 何気ない日常に突然訪れる究極の二択。この曲とこの小説の共通点はそこだ。
    大切な家族のために自分ができることはなんだろうと考えた挙句、少年は殺人という選択をする。
    彼は、それでHEROになれるのか?そこに希望はあるのか?そんなことを考えさせられる。そして、少年が最後に取った行動に涙する。
  • 『卒業』という映画で有名なポール・サイモンの『Mrs Robinson』。それをカバーしたロックヴァージョン。
    クライマックスで殺人鬼の高校教師が自らの正体を隠すために生徒をショットガンで皆殺しにし、この世から“卒業”させていくのですが、その時の不謹慎な高揚感が曲調に不思議と合います。
    あと歌詞も「そんなこと誰にも分らないところに隠してしまいなさい」「なによりも 子供達には知られないようにしなくては」「天国は場所を与えますよ。神に祈る人には」などが、本来の曲とは違った意味を持ってきます。