メニュー
音楽×本1組
  • 「愛とは何と問えば 歌の中にあると答えよう」
    90年代Jpopの歌詞が、絶妙なニュアンスでちりばめられていて、昭和生まれにはたまらない。

    「破れかぶれのまま今宵は誰と寝る 忘れられた愛は果たして何処にある」んでしょうか。

    「ヒステリックな声を上げて おなごたちは跳ね回る」ほど、女子会のネタにしたら、盛り上がる本だと思う...
    (でも、涼美さんは男性にたいしても公平だなぁと思います。)