メニュー
本の主題歌1曲
  • 突き抜けた文体と破天荒な展開。舞城ワールド全開の救われない現実。それでもこの恋は一途だ。

    一人の女性を思ったがゆえに発生した、純粋な感情。

    だからこの小説には、全てを肯定するような、とびきり甘い音楽を捧げよう。

    反論も否定もこの世界には、まるっきり通用しないのだから。