メニュー
本の主題歌14曲
  • 1/15
    「失敗しない 雨も降らない 人生なんてない」
  • いつだって失いたくない記憶を、人は持っている。それがたわいもない夢なのだとしても、人は、小さな小瓶に詰められた砂糖菓子や、シロップ入りのカモミールティーの中に、思い出を探すのだろう。かつて子供だった今の大人たちが、無事に夢を叶えて、子供たちにも起こった出来事を話す、そんな連鎖がこの先起きてくれればいい。

    内容を改変しました。
  • 戦う相手も 、なんでこんなことになってるのかも分からない、痛い、
    それでも君と、君たちと行き続ける
  • 今度はきっと、私があなたを
    息のできるところへ、連れていく
  • 伝えられないことも、夢も、全部背負って
    きっと僕らは大人になっていく
    全部、唄にする
  • ALWAYS三丁目の夕日の印象が強いのですが、この曲を推します。
    僕がここにあることは、君があった証拠だから……
  • BGMeetingの選曲です。
  • 9/14
  • 9/14
  • 彼は星を閉じ込めるように自らの分身をそのガラスのなかに封じ込めた。恋人のように花を愛し、狐をなつかせ、星を愛した彼は今、満天の空に輝く星に生まれ変わって生き続けている。 大切なものは目に見えるものではない。なぜならそれは思いやりという心だからだ。