メニュー
本の主題歌1曲
  • 言葉の海、言葉が水のように流れてゆく。やっとこの小説に相応しい音楽を見つけた。

    誰かこの物語の解読を頼む。
    この、新感覚としか言い様のない、とめどもなく溢れ出しそうな言葉の波に、私は名前をつけることができないのだ。