メニュー
本×音楽2組
  • 「End of the day 少しも前に進んでない」も
    帯の「泣きそうなほど努力してるのに、なんにもうまくいかないんですけど!?」が重なった。
    「もっともっと輝ける日は来る きっと来る」で、桜井さん独特の、上手な「きっと」の使い方。
    「絶対」って変に言い切らないところが、雨宮さんと重なった。
    「今日もマイナスからのスタートを切る」で、お悩み相談に来る自己肯定感低めな頑張りやさんみたい。

  • ミスチルのEnd of the dayは、歌詞が人間らしくて、「燻ぶった毎日から一歩進みたいとする気持ち」と、「現在社会を皮肉ってみる気持ち」がアンビバレントで描かれている。何かを否定することで、自分を正当化して、バランスを保ってみたり、でも、それ自体が空しくなってしまったり・・・まさにこのエッセイで若林さんが言わんとすることを表現しているように思う。