メニュー
音楽×本1組
  • 個性を個性たらしめるものが、自己同一性であるならば、この世界は個性を認識しているようで、していない。

    むしろ型に嵌めこみ、型に合わなかった者は不良品とみなし、機械的に排斥しようとする。システムに合わなければ、役立たずのレッテルを貼る始末だ。これでは個性は育たない。

    十年以上前に書かれた小説が今になって時代に追いつこうとしている時点で、立派な時代遅れではないか。

    次の時代を歩む子供たちには、もっと自由で、自分の差異を認めあう人間になってもらいたいものだ。