メニュー

ほー


  • 彼女が「僕」に残していったのは、桜の花のような儚さと、爽やかな明るさでした。
  • 一度死を覚悟した者にしか作れない作品がこの世にはある。
    「その後僕は年をとったり、二度と会わないと分かっている人と約束をしたり、世界から目を伏せられた幸福にも出会ったりするのだった。
    そして、I LOVE YOUとも、歌った。」
    名作と名曲の対位法として、このBGMを献じる。
  • 絶対的な指針を失った悲しみさえも我々は受け入れて生きていかなければならない。
    別れと共に感謝はある。
    その時に鳴るのは音楽だ。
    さあ、高らかにファンファーレを鳴らそう。
  • 東京の街に男が1人。その男は東京の中で、常に消えない孤独を抱えて、どうすることもできなくて日々を過ごしている。そんな切なさが世界観の中でリンクしていると思います。
  • 誕生祭の神秘的な描写にはこの曲が流れます。
  • 「回送電車は、まだ通過している。」
  • 11/29
    FoZZtoneは文体が合わないと思ってましたが、見つけました。
    「悪気のない世界 楽しめないのかい 踊ろう」
    「友達がゴシップ好きなのが嫌で それでも友達だったな」
    「皆お前を安心させたいんだよ その心も歪むものだろう」
    主人公が思っていたより、世界は温かかった。