メニュー

しおっち

  • プロフィール
    好きな作家
    伊坂幸太郎さん
    有栖川有栖さん
    夏川草介さん

    好きなアーティスト

    Hey!Say!JUMP
    NEWS

  • 初めて聞いた瞬間にこれ以上ぴったりな主題歌はないと思いました。間違いなく竹本くんとはぐちゃんのための曲です。絶対最後に[君を好きになってよかった」って言う。歌詞にはないけど絶対思ってる。
  • 優しいピアノは舞台である松本市の山々を、一止の患者を思う心を、榛名の一止を思う心を感じさせます。
    私たちは誰かと関わりながらしか生きていけない、死を前にしてもそれは同じで、だからこそ彼の優しさはすっと心に沁みるのではないでしょうか。
  • 強さと儚さを合わせ持った曲だと思います。主人公の女の子の思いと重なる部分も多いかなと感じました。
  • この曲を聞きながら森宮さんが「優子ちゃんの故郷はここだよ」と言うシーンがすごく素敵でした。血が繋がっていなくても互いに互いを想っていれば家族なんだろうなぁと思います。
  • どちらも前に進む元気をくれます。自分らしく生きるみきはとても美しい。Superflyさんの力強い歌声も彼女の生き方の強さを表しているように感じます。
  • 林太郎の背中を押す言葉の数々、RPGという冒険感がまさにこれ!という感じです。「きらめくような人生の中で君に会えて僕は本当に良かった」という歌詞、君を本に変えれば林太郎の気持ちそのものではないでしょうか?読みながら私たちも同じように思うことがあるのでは?
  • 少なからず私たちはこんな経験をして大人になっていくと思ったから。あの頃の自分を今の自分はどう思うのかってあまり考えないけれど自分が目を背けてたことを直視出来たらその自己評価も変わるんじゃないかなと思いました。
  • 「光れ、君の歌」だし、MVがなんとなくごっちとりばちゃんぽくて好きです。