メニュー

tsukasa

  • プロフィール
    好きな作家は有川浩さんですが、読書の幅(ジャンル・作家さん)を広めていきたいです!

  • この曲はテンポが速くて、早口だ。この速さは、光本氏の実験スピードの様に感じる。

    そして、実験に大成功した時の喜びは、身体中からこみ上げてくるのではないだろうか。
  • 自分の死期が近くて、恋人を悲しませないように裏切って別れるMVのストーリーと、岬が沙耶を邪魔だから出て行けと追い出そうとするシーンがリンクしました。
  • 堂上と郁の結婚が決まった時、この曲が頭の中で真っ先に流れました。
    2人とも本当におめでとう!!と心からお祝いしたくなるカップルです。
  • タイトルの「カミツレ」は、郁の憧れる「カミツレ」と同じカモミールを、ベルベットは織物を指しています。

    郁が一人で当麻先生を護衛する「不安」や「やりきるぞ!」という気持ち、堂上班で育った郁の集大成と言うべき曲だと思いました。
  • アニメ版「図書館戦争」のエンディングテーマでした。

    小説の図書館戦シリーズは、本編があと1冊と別冊が2冊ありますが、アニメ版では、『図書館危機』までの内容で制作されていたので、この曲を選んでみました。

    読み終えたらこの曲を鳴らし、『図書館戦争』・『図書館内乱』・『図書館危機』での出来事を振り返り、次の『図書館革命』を読んでいただければと思います。
  • 「検閲」により、「表現の自由」を奪われることの恐ろしさを感じる曲です。
  • ボーカル&手話パフォーマンスユニットによる実話を基にした曲です。

    MVでは、耳の聞こえない大学生の女の子と、その子のサポートをすることになった男の子が出てくるのですが、その2人が毬江と小牧と重なりました。
  • これからの時代は、すでに答えのある問い「ジグソーパズル型思考」に用はなくて、自分だけの正解を見つける「レゴ型思考」が必要です。

    筆者のメッセージと、歌詞がリンクしているように感じました。
  • 本作内の「旅に出たブランケット・キャット」というお話に対する選曲です。
    タビー目線からの選曲になりますが、兄妹を見守りたい気持ちが表現された曲であり、秦基博さんの声やギターが合う作品だと思いました。
  • 曲の出だしから漂う不気味な雰囲気
    そして、何かが迫りくるような恐怖を感じます。
  • 小学生のときの友達もみんな大人になっていて、仕事もプライベートもバラバラ。

    当時の思い出は「形」として残っていなくても、みんなの「記憶」の中にあって、それが大切な「宝物」

    この曲のメッセージ性を感じるような作品でした。
  • 作家である妻は病気になった。
    生きたければ小説を書くことをやめないといけない。
    小説を書けば、寿命はどんどん減っていき、死ぬ。

    正に今生きているこの瞬間が大切で、悔いのないように生きようとする姿がこの曲にピッタリです。
  • 本作中の「蜘蛛の糸」に対する選曲です。

    利己的な考えや発言をしていなければ、蜘蛛の糸は切れずに済んだだろう。

    地獄に逆戻りしたカンダタを待ち受けるのは、こんな日々なんだろう。
  • 本作内の「犬と笛」に対する選曲です。

    作詞家の方が愛犬に向けて書かれた曲だそうです。

    犬が好きで、「嗅げ」「噛め」「飛べ」をもらった髪長彦は、3匹をうまく使い姫を助ける。

    犬好きに加え、優秀な3匹の犬を大切にすることは間違いないだろう。
  • 本作内の「杜子春」に対する選曲です。

    一度は大金持ちとなった杜子春でしたが、人付き合いに疲れてしまいます。

    そんな彼が選んだ道は仙人となることでした。
    仙人になるためには、たとえ何があっても一言も発してはいけない。

    氷の壁は試練であり、修行中の杜子春だと思いました。
  • 12/19
    「言葉にしたいんだ
    できるならそうね全部
    正しさも間違いも
    おそれずに 伝えたい」

    本当は自分で書くのが一番
    でも、自分ではうまく書き表せない
    だけど、伝えたい

    だから代筆屋に依頼するのだろう。
  • ☆歌詞を見ながら聞いてみてください☆

    この曲はお話の内容とリンクしています。
    オズの魔法使いをテーマにした曲なんです!
  • 11/27
    男女関係の終わりが近づいている曲
    とても切ない曲です。

    大和と柊子がそれぞれ感じている未練
    そしてこの物語の展開に合う曲だと思います。
  • 11/20
    完璧じゃなくて良いからまずは一歩を踏み出すことが大切

    そんな本であり、そんな曲だと思います。
  • 11/16
    親友のセリヌンティウスが処刑されないために、必死に走るメロス
    山賊に襲われかけ、体力の限界の中
    大切な友を失わないために走り続けた諦めないメロスの姿を描いてるように感じます
  • 11/10
    あずかりやさんのお話の中で、オルゴールを預かることになるのですが、そのオルゴールが奏でるのがこの曲です。
  • この曲は、映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の中で悪党バルタザール・ブラットが宝石を盗むときに流れる曲です。
    この映画を観てから、悪いことをするときはこの曲という刷り込みが出来上がっています。
  • 10/31
    例えば・・・

     ただ笑い合えてた日々が
     知らぬ間に遠くなっていても
     伝えたくて この胸の願いを

    は、どんどん夫婦関係が悪くなってしまったけど
    修復したいという亜紀の思い

    こんな感じで歌詞が所々
    亜紀と悟、悟と裕太のことを歌ってるように感じました。
  • 10/25
    杏里のように施設に入っていることを話すと
    友だちが離れていってしまううかもしれないと思い、中々打明けられない子もいる。

    サビの

    I just keep it inside keep it inside
    口には出せなくて
    I got something to hide something to hide
    言うのが恐くて
    I just keep it inside keep it inside
    誰も知らなくていい
    I got something to hide something to hide
    俺に構わないで

    は、そんな心情ではないかと思いました。
  • 10/25
    施設の子はかわいそうと思われたくない
    正しく理解してほしいという思いで作られた本作品

    歌詞になぞって、そんなイメージを
    ぶち壊せ ぶっ飛ばせ
    そのために
    立ち上がれ 立ち向かえ

    と鼓舞しているように感じました。

  • 10/23
    施設で暮らす彼らにとってはそこが“安心できる場所”であり、”帰れる場所”なんだと思い、選びました。
  • 10/17
    柊貴之の本当の「顔」が暴れるとき、この曲がスリルさを演出して盛り上げてくれます!
  • 10/11
    生と死を歌ったこの曲は、死刑宣告を受けることから始まる本著にピッタリです。