メニュー

watjevv

  • プロフィール
    はじめまして。
    本に主題歌は昔から(勝手に)付けてました。
    有名でない本に有名でない曲を付けます。本も音楽も一つ一つが違う世界を見せてくれるのだから、するべきは最大公約数を目指すことじゃないと思うんです。

  • 思えばこの小説の書評を見た頃からでしょうか、「スクールカースト」という単語が広く認知され始めたのは。映画も含め何度か見返した話です。
    曲を聴いてそれに合う本が思い付いた珍しいパターンでした。
  • イントロがまさにロケット日和な青空のように爽やか。また歌詞も無謀と言われた挑戦を続けるSSAの人達、それに巻き込まれた主人公のゆかりのことをも励ましているよう。本来のタイアップ先に勝るとも劣らないマッチングだと思っています。
  • 2016年、栗山ファイターズ二度目のリーグ優勝にして初の日本一を為し遂げた年の総括。あのシーズンを象徴するクライマックスシリーズ最終回のマウンド、あの男がマウンドに上がるときの登場曲です。
  • 主人公達をはじめとした登場人物たちの儚さと終わる世界の色彩描写に曲調と歌詞がマッチします。