メニュー

晴れ女のMoeco

  • プロフィール
    前略宮沢賢治様

    恋に身を投げるロミオが美談にならない時代で、
    出版業界が斜陽とも言われますが、
    いつの日もこの胸に流れているメロディーが浮かぶような本を、
    マシンガンをぶっ放す勢いで語りたい

    知識欲や好奇心は未完。

    Your Songもしくは、Your Bookに出会えればいいな。

    秩序のない文章に、ドロップキックしないでね!


    ...と書くほど、Mr.Childrenと本が好きです。

  • 感想を端的に要約すると「総ては僕の捕らえ方次第だ」
    当り散らしは言わずもがなのタブー...そうよね。

    「捉える」解釈で終わらせず、あえて「捕らえ」と、自分の人生、自分でつかむ感がいい!
    私こそ世界の中心。笑
  • 最初にこの歌を聴いて、この小説じゃん!順正!と。
    昔の恋人をずっと想っているのが「どうか正夢 君と会えたら何から話そう」というサビと重なり。
    「予想外の時を探し」てしまうけど、
    「ずっとまともじゃないってわかってる」を行き来する気持ち、せつない。
    「やつあたりで傷つけあって巻き戻しの方法もなくて」ねぇ、どれだけ後悔してもどうにもならない。
    切ないけど希望が持てるところもにている。