メニュー
『ちはやふる(38) (BE LOVE KC)』
名人位・クイーン位 東西挑戦者決定戦。一度はかるたから離れた新、太一とともに挑戦者となった千早は、3人でこの場所にいる喜びを噛みしめる。西の代表・結川桃は、自分らしいかるたで千早のペースを乱す。その一方、太一は新という壁を越え、その先にいる名人・周防と戦うために新しい戦い方で試合に臨み…!? だれも見たことのない景色を求め、いざ、3本勝負!!

  • 自分の中の汚い感情というのは誰しも認めることにある程度抵抗があると思います。
    それが特に「本来仲良くあるべき人」に対してであればなおさら感情を押し殺してしまいがちなのではないでしょうか。
    本作に登場する綿谷新は、真島太一のことを「かつて共にかるたを楽しみ再会を誓った仲間」だとずっと思っていました。それは誰が見ても美しい感情です。
    一方真島太一は、自分の中に「汚い感情」があることを新より一歩先に気が付いていました。
    同じ女の子を好きな恋敵として。常に自分より上の立場にいる越えるべきライバルとして。
    しかし、新は自分のことを「かるたを頑張っているかつての仲間」としてしか見ていない。それはまるで、片思いを寄せる異性が自分のことを「友達」としてしか見ていない場合に抱く、もどかしさや苦しさ、不平等感のようです。
    太一はその立場の違い、感情のずれを、圧倒的成長と実力と精神の鍛錬によって覆しました。
    新の「汚い感情」を呼び起こし、それを認めさせた。
    前に進み続ける人にはライバルが必要です。今回でようやく彼ら二人は「ライバル」になれました。
    感情の移ろいの細やかに描写には思わず「さすが少女漫画だ」と唸ってしまいました。
    主題歌は、太一と新に芽生えた「素晴らしき人間臭い感情」を讃えての選曲。
    憎き敵は最大の味方である。
     28   1
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。