メニュー

  • 笑いと才能と狂気。
  • 10/21
  • 個人的な神谷さんのイメージです。
  • 人を笑わすことを追求した芸人の生きざまを、芸人だからこそ書けるリアルで面白く描かれていてとても良かったです。人を笑わすのって簡単に思えて意外に難しい、ただ人の笑顔を作る芸人という仕事は凄くカッコいいなと思いました!
  • この世で最も悲しいのは、自分のことを認めてもらえないことだ。

    やってもやっても空回り。

    こんなに人を笑わせることは難しかったのか。

    滑稽さと悲しさが入り混じって、泣いているのか笑ってるのかもう、分からない。

    だから、どうかこの世界を愛することを忘れないでいてくれ。

    どんなに悲しくても、明日は来るのだから。