メニュー
『走れメロス (新潮文庫)』
人間の信頼と友情の美しさを、簡潔な力強い文体で表現した『走れメロス』など、安定した実生活のもとで多彩な芸術的開花を示した中期の代表的短編集。「富士には、月見草がよく似合う」とある一節によって有名な『富岳百景』、著者が得意とした女性の独白体の形式による傑作『女生徒』、10年間の東京生活を回顧した『東京八景』ほか、『駈込み訴え』『ダス・ゲマイネ』など全9編。

  • 親友のセリヌンティウスが処刑されないために、必死に走るメロス
    山賊に襲われかけ、体力の限界の中
    大切な友を失わないために走り続けた諦めないメロスの姿を描いてるように感じます
     12   0
  • ラストで三人が肩を組み乍、遠く輝く黄金の空を見つめているイメージで選曲しました。

    メロスとセリヌンティウスのみならず、改心した暴君ディオニスとの間にも芽生えた友情に、ぴったりの曲だと思いました。
     8   0
  • 「走れメロス」、教材としても有名ですがもはやネタにしか思えなくなってきました。ごめんなさい。
     8   0
  • 120%エネルギッシュな応援ソング。
    親友を人質としてしまったことさえ帳消しにして、走り続けるメロスを全力で肯定してくれます。
     7   0
  • できっこないことをしようとしてる人への最強の応援ソング。
    この曲を聴くと本当になんでもできてしまえそうな気持ちになります。
    そんなとてつもなくパワーがある曲なので、ボロボロになりながら諦めかけたメロスに贈りたい。そう思い選曲しました。
     6   0
     4   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。