メニュー
神様のボート

  • どこを旅しても、心にある家はひとつだけ。ただ、帰り道が見つからなくて。
  • 過ぎ去ったことを「箱の中」と表現して、思い出に縛られている女性の話。
    と、「残酷なまでに温かな思い出に生きてる 箱庭に生きてる」というフレーズがシンクロ。

    閉じた世界で、でもある意味幸せそう・・・