メニュー
流星の絆
何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

  • 皆様ご存知ドラマの主題歌です。
    「泣いたのは僕だった」という歌詞がとてもとても切ないです。三兄弟の運命も辛いことだらけのはず。いつも泣いて泣いて、でも誰にも見せず体を寄せ合うそんな情景が浮かびます。
  • 9/14