メニュー
『スプートニクの恋人』
「すみれがぼくにとってどれほど大事な、かけがえのない存在であったかということが、あらためて理解できた。すみれは彼女にしかできないやりかたで、ぼくをこの世につなぎ止めていたのだ」 「旅の連れ」という皮肉な名を持つ孤独な人工衛星のように、誰もが皆それぞれの軌道を描き続ける。 この広大な世界で、かわす言葉も結ぶ約束もなくすれ違い、別れ、そしてまたふとめぐりあうスプートニクの末裔たちの物語。

  • 「ああ、愛は正体を少し見せて

    また薄いカーテンの向こうへ消える」

    この曲のサビで極めて象徴的な一節である。

    愛が如何に「掴み取る」ことのできない実態を持たぬものか、

    愛が如何に人に劇的なものをもたらすか。

    愛とは一体なんなのだろうか。

    「ぼく」は「すみれ」という愛を、すみれは「ミュウ」という愛を、「ミュウ」は「愛」というものの正体を探している。

    それは複雑で困難な行為である。

    しかし、もしかすると愛はふとした時に向こうからやってくるものかもしれない。

    それを続けていさえすれば。
     27   1
  • 村上春樹「スプートニク」の恋人には、Coldplayの「Swallowed In The Sea」が合うと思います。神秘的な雰囲気がいいと思います!
     4   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。