メニュー
『手紙』
武島剛志と直貴は二人きりの兄弟だった。
弟の大学進学のための金がほしくて、剛志は空き巣に入り、強盗殺人の罪を犯してしまう。
服役中の剛志から直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く。
しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる。
ある職場で疑いをかけられ、倉庫に異動させられた直貴のもとに現れた男性は、「差別はね、当然なんだよ」と静かに言うのだった――。
年月が流れ、家族を持った直貴は、ついにある決意をする。
人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。
犯罪加害者の家族を真正面から描き、映画化(主演・山田孝之)、舞台化もされ、感動を呼んだ不朽の名作。文春文庫史上最速でミリオンセラーとなり、200万部を売り上げるベストセラー。

  • 争いも差別もない世界。
    そんなのは、理想郷だ。
    そう言い切ることは誰にでもできる。

    この世の絶望をすべてぶつけたかのような展開に、何度も手を止めながら読み進めた。そして気付いたことがある。
    この小説は自分自身への挑戦状なのだ、と。

    直貴の人生は、彼しか変えられない。
    ならば、私の人生は尚更のことだ。

    読むときはどうか、覚悟してほしい。
    自分自身と向き合わなければ、一ページたりとも進まないのだから。

    涙をこらえて読み進めた先に、希望とも違うなにかが、音を立てて拓けてくるだろう。
     10   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。