メニュー
『私を知らないで』
中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが...。少年時代のひたむきな想いと、ままならない「僕」の現在。そして、向日葵のように強くしなやかな少女が、心に抱えた秘密とは―。メフィスト賞受賞の著者による書き下ろし。心に刺さる、青春の物語。

  • 「優しい言葉の雨に濡れて 傷は洗ったって傷のまま」
    拭うことのできない穢れを背負って、教わらなかった普通の生き方を夢見て強かに生きる少女の話。
    大人は万能じゃないし、覚悟のない救いの手は他人事でしかないと知って何も出来なくなってしまう無力な少年が、
    それでも少女の手を取ってやりたくならずにはいられない、愛しい若さが勇気をくれる作品だと思います。
    読んでいる間、どの登場人物の背景にも頭の中でこの曲が流れていました。
     6   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。