メニュー
青くて痛くて脆い
『君の膵臓をたべたい』著者が放つ、最旬青春小説!

  • 7/11
  • 胸が張り裂けそうな痛みに、体ごと押しつぶされそうだ。
    現実の青春は甘くない。
    楓はどこかで本音を話すべきだったのだ。親友なら衝突するのは当たり前だ。
    自分の居場所を人に合わせて、周りに溶け込む。
    そうしないととてもじゃないけれど、生きてゆけない。
    青には未熟という意味もあるけれど、「儚さ」「脆さ」という意味も内側に秘めている。
    口当たりの良い同調は、周りを疑心暗鬼にさせても幸せにはしない。
    止まっていた時間が動き出す前に、早く会いに行かなければ。
  • 主人公の捻くれ方が最高で最悪だった。劣等感、凝り固まった考え、強すぎる正義感や拘り。
    味方は出来ないけど、理解は出来る。ちゃんと身に覚えがあるからだ。
    痛みのある終わり方は何故か救われる。痛みから学んでばかりじゃ虚しいけど、痛みから教えてもらうことは沢山ある。
    現実の厳しさを目の前にしながら、この主人公たちにちゃんと笑える未来があることを切実に願ってしまう。大事なものなんていくつもないけれど、最後に笑うのは正直なヤツだけだという事実は死ぬまで信じていたい。
  • [時には誰かを知らず知らずのうちに
    傷つけてしまったり 失ったりして初めて
    犯した罪を知る]
    [戻れないよ、昔のようには 煌めいて見えたとしても]
    [いつものように笑ってたんだ 分かり合えると思ってたんだ
    曖昧なサインを見落として途方のない間違い探し]
    楓と秋好、二人とも歌詞が合う。
    ネタバレになるので多くは語らないけれど、
    「白日」が、もう元に戻れないけど、煌めく時を共に過ごした二人をよく表していると思う。

    この本「青くて痛くて脆い」を読み終えた時、以前の私ならもっと違う感想を持ったかもしれない。けれど、人を傷つけて縁を切り、[取り返しのつかない過ち]をした今の私にとっては、背中を押してくれる存在だ。

    いつかあの人に[季節を越えてまた出会えたら]、この本とこの歌を胸に刻んで行こう。
  • 楓のこと、好きじゃない人は多いはず。でもその中にはきっと少し同族嫌悪が含まれてると思う。「青くて痛くて脆い」タイトルそのままの彼は多分この曲のような心情だったんじゃないかな。
    ー風のささやき 耳障りだ 僕のことなんも知らないくせにふざけんな ティファニーブルーの空の下 追い続けている馬鹿な夢 手に届きそうで届かないなあー
    ーいつの日も夢はあるかあるかと 問う髭もじゃがいるし 邪魔くさくても触れる事ができない現実があって タイムカードはこんなに真っ黒に埋まってんのに 今日もポケットの中は紙クズ銅メダルー