メニュー
『ショートソング (集英社文庫)』
ハーフの美男子なのに内気で、いまだチェリーボーイの大学生、克夫。憧れの先輩、舞子にデートに誘われたが、連れていかれたのはなんと短歌の会!?しかも舞子のそばには、メガネの似合うプレイボーイ、天才歌人の伊賀がいた。そして、彼らの騒々しい日々が始まった―。カフェの街、吉祥寺を舞台に、克夫と伊賀、2つの視点で描かれる青春ストーリー。人気歌人による初の長編小説。

  • チェリーボーイ側の曲です。
    スキマスイッチの初期の曲はどれもヘタレていてとても好きです。
    シャイであるが故に「あぁ言えば良かった」とか「こうしていれば」とか慎重になりすぎて行動できない。そんなもどかしい気持ちが出てると思いました。
     6   0
  • プレイボーイ側の曲です。
    最初は気にも留めてなかったのにライバルができてだんだん追い詰められていく感じが合っていると思いました!
     3   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。