メニュー
ののはな通信
最高に甘美で残酷な女子大河小説の最高峰。三浦しをん、小説最新作。

  • 読書会での紹介を聞いた時、これなんだろうな、と思った。読み終えて、やっぱりこの曲しかないな、と思った。タイトルも、歌詞も(特に終盤)。
  • ののとはなの関係に、ぴったりだなと。

    もともと大好きな曲で
    この本を読んだ時にパッと思い浮かび、
    聴きながら読んで泣いてしまいました。

    何にも知らずに笑える2人 春の夢のようね
    あなたと一緒だからわたしも生きてゆける
    美しい棘/GRIM SPANKY