メニュー
『殺人出産』
「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい―。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない...。三人での交際が流行する、奇妙な世界を描いた「トリプル」など、短篇3作も併録。普遍の価値観を揺さぶる挑戦的作品集。

  • きゃりーぱみゅぱみゅの曲からインスピレーションを受けたということをラジオで言っていたので。
    「普通」について歌っているので、それを揺さぶってくるこの小説と合うと思います。
     7   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。