メニュー
『冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)』
雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。第31回メフィスト賞受賞作。

  • ラスト3章で騙された。
    雪の降る日に突如8人の生徒が校舎に閉じ込められ、みんなの記憶から抜け落ちている「あの日に自殺した生徒」を思い出すサスペンス。
    まさか自殺したのはあの人だなんて。
    まさかあの人のエピソードがそういうことだったのなんて。
    高校生一人一人の繊細な心理描写と精巧かつ大胆な騙し絵のように組み立てられたストーリー。
    辻村深月の才能はこの小説においてすでに十二分に発揮されていた。
    選曲はヨルシカの『ヒッチコック』。文化祭のポスター。ヒッチコックのようなサスペンス。
    「先生、人生相談です」
    「このまま生きてもいいんですか」
     11   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。