メニュー
君の膵臓をたべたい
偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!

  • 直感。
  • 彼女が「僕」に残していったのは、桜の花のような儚さと、爽やかな明るさでした。
  • ALWAYS三丁目の夕日の印象が強いのですが、この曲を推します。
    僕がここにあることは、君があった証拠だから……
  • 当たり前なんて存在しないんだ。
    そんな感想は陳腐なのかもしれないけれど、本当に心からそう思ったお話。
    ー私たちの残り時間は そう誰にもわからないから
    Everyday 出来る限り側に居たいよ
    Everyday 君が笑う、おはようと言う
    Everyday 当たり前のような響きが
    今日は なぜか胸に刺さるのー