メニュー
『阪急電車 (幻冬舎文庫)』
隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった...。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。

  • 阪急電車のあたたかいイメージとbacknumberの「光の街」の少し切ないようなメロディー。
    この本を読んだ後、聴いてみてほしいです。きっと自分の大切な人に「ありがとう」って言いたくなります。
     8   0
この本に合う曲の寄贈を
お待ちしています。